【葬儀相談.COM】 どんなことでもお気軽にご相談ください。
無料葬儀相談室 お電話で… 10時〜18時 048-954-1544
Eメールで… mail@sougi-soudan.com
葬儀費用の疑問
葬儀費用については、多くの方が疑問をお持ちです。葬儀社の悪い噂は耳にしているし、多くの場合はじめて会ったばかりの葬儀社を信用できるものではありませんから、疑いを持ちながら葬儀社と打ち合わせるわけです。実際に葬儀社との打ち合わせに入る方がご自分で納得できるよう葬儀を決めていくのための注意点です。
基本料金にだまされないでください!
 
広告にだまされないようにすることも必要です。
たとえば、「基本料金30万円」と「基本料金50万円」という2つの広告を見ると 30万円のほうが安いと誰でも考えそうですが、それはまったく分かりません。
理由の一つは基本料金に何が含まれているかがわからないからです。基本料金に含まれている項目によっては、「基本料金30 万円」のほうが高いこともあります。次は、それぞれの費用で賄われる品目の品質が分からないことです。三番目は、そのほかの品目の料金が分からないことです。
葬儀費用は足し算で!
 
葬儀費用は葬儀内容によりますから、どのようなお葬式にするのかをはっきりさせれば、「必要なもの」の足し算で費用が出てきます。
葬儀経験者の反省点の多くは、「不必要なものを使わされた」とか「葬儀屋に丸投げして費用が高くなった」というものですが、この「足し算方式」は、そうなってしまうことを避ける最良の方法です。
安ければいいというわけではありません
 
「葬儀が○○万円で出来ます」という広告にもよくお目にかかります。
実際それにつられて葬儀をした人は、いろいろ不満もあったようですが、通夜料理のひどさに唖然としたそうです。当然です。常識では出来るはずのない料金でお葬式をやろうとしたら、どこかを削らなければやれません。金額の大きい食事料金を削ることになるのも予想できます。
広告のなかには「葬儀がただで出来る」というのもあります。これは「香典の範囲内で葬儀が出来る」という意味のようですが、果たしてそうでしょうか。お葬式は、出来なくはないと思いますが、どんなお葬式になるのか心もとない限りです。香典を受け取っておきながら、料理が足りないというというようなことにならなければいいのですが 。
お葬式の費用を安くするには
 
お葬式を、安くしようとお考えの方に申し上げたいのは、まず「合理的な費用にするにはどうするべきか=必要品目の足し算」を考えていただきたいということです。買い叩きようなことをすれば、会葬返礼品は飲めないようなお茶や透けて見えるハンカチなど貧弱な通夜料理になることは眼に見えています。
その上で、安くしたいなら、品目を削ることです。不必要なものや必要であっても費用の関係で削らなければならないとしたらどこを削るか考えればやり方はあるはずです。
| TOP |
運営/NPO「家族葬の会」・無料葬儀相談室 Copyright(C)2003 無料葬儀相談室 All Rights Reserved.