【葬儀相談.COM】 どんなことでもお気軽にご相談ください。
無料葬儀相談室 お電話で… 10時〜18時 048-954-1544
Eメールで… mail@sougi-soudan.com
家族葬
最近では、義理や付き合いで多くの人が参列する葬儀にむなしさを感じる人も多くなっています。また、都会では近所づきあいも少なくなり、お互いに意味がないものだと考えるようになりました。
そうした風潮を背景に、家族葬が広がりを見せています。
具体的には

(1) 葬儀の内容の決定に家族が十分にかかわること。
(2) 納棺・出棺などをできるだけ家族の手で行うこと。
(3) 参列者は家族・親族が中心。
(4) 一般会葬者からの香典を辞退すること。
 などです。


これらは厳密に守らなければならないというよりも、無理のない範囲内で、柔軟に考えるべきでしょう。
たとえば義理や仕事場の付き合いの参列や香典は辞退するというのが趣旨ですが、親しかった友人の参列を受け入れないというわけにはいかないでしょう。こうした点は、遺族の判断ということになります。
家族葬は、宗教葬であるか無宗教葬であるかや、式の場所などを問いません。

附 家族葬の意義

  都市に住む核家族の価値観は、バブル崩壊によって大きく変化しました。落ち着いた生活を望み、『仕事上の付き合い』より『家族
  や友人とのつながり』を、『会社的生活』よりも『個人的生活』を、『見た目』よりも『中身や心』を重視する風潮が高まりました。葬儀
  においても、『心のこもった故人との別れ』を大切にするようになってきています。日本消費者協会の調査(1999年)は、そうした考
  え方を裏付けています。それによると、遺族は自分が行った葬儀を、「形式的すぎる」50%、「不必要なものが多すぎる」38%、
  「世間体や見栄にこだわりすぎている」40%、「もっと質素にした方がよい」29%と批判的に見ており、「適当だった」と答えたのは
   26 %、「もっと立派に」は1%にすぎませんでした。
  葬儀を出す側の意識と葬儀の現状の「ずれ」にたいし、家族葬が登場し、急速に広まっています。
| TOP |
運営/NPO「家族葬の会」・無料葬儀相談室 Copyright(C)2003 無料葬儀相談室 All Rights Reserved.