【葬儀相談.COM】 どんなことでもお気軽にご相談ください。
無料葬儀相談室 お電話で… 10時〜18時 048-954-1544
Eメールで… mail@sougi-soudan.com
葬儀参列者のための基礎知識−仏式
服装
女性は黒か黒に近い色の洋服を着ます。
男性は黒いネクタイをすれば、地味な背広で大丈夫です。
学生は制服があれば制服で、なければ地味な服で、夏なら白いワイシャツで、ネクタイはなくても大丈夫です。
 
 *黒い洋服や黒いネクタイがないから参列できないかというとそんなことはありません。
   そのとき出来る範囲内で地味な服装をすればいいのではないでしょうか。

記帳・香典
斎場では、記帳して、香典を出します。香典の裏には金額と住所氏名を必ず書きます。名前だけ書いてあればいいと思うかもしれませんが、あとで整理をするときの手間が省けます。書くのが親切というものです。  

通夜への参列
通夜・葬儀に参列した場合には、焼香をします。焼香の回数は、宗派によってあるいは混み具合によって 1 回か 3 回です。先に焼香している人の回数を見て判断します。それでも分からなければ、係りの人(葬儀社)に聞きます。また、回数を間違ってもどうということはありません。

焼香が終われば、お清め(通夜料理)をすすめられます。あまり遠慮せずにいただきます。

葬儀への参列
葬儀に参列した場合にも、順番が着たら焼香をします。葬儀の場合には出来るだけ葬儀終了まで付き合います。出棺を見届けたら親族以外は式場をあとにします。

| TOP |
運営/NPO「家族葬の会」・無料葬儀相談室 Copyright(C)2003 無料葬儀相談室 All Rights Reserved.