【葬儀相談.COM】 どんなことでもお気軽にご相談ください。
無料葬儀相談室 お電話で… 10時〜18時 042-456-0065
Eメールで… mail@sougi-soudan.com
死者に戒名が与えられるのは日本だけ
1. 日本では喪服は、古代からずっと長い間白でした。当然中国の影響であったのでしょうが、日本の喪服については、『隋書倭国伝』や『日本書紀』、『万葉集』などに白かったという記述があるそうです。
2. その後平安時代に一時期、貴族の間で黒い喪服が着られますが、室町時代には再び白の喪服が着られるようになります。しかし、庶民は黒い喪服を着ることはなく、ずっと一貫して白でした。
3. 庶民が黒い喪服を着るようになるのは、明治以降のことです。日本人が黒い喪服を着るようになったのは、西欧文化の影響だと考えられています。
4. 戦後には白い喪服はあちこちで見られたようですが、現在でも北陸や東北の一部においてまだ健在のようです。
| TOP |
運営/NPO「家族葬の会」・無料葬儀相談室 Copyright(C)2003 無料葬儀相談室 All Rights Reserved.