【葬儀相談.COM】 どんなことでもお気軽にご相談ください。
無料葬儀相談室 お電話で… 10時〜18時 048-954-1544
Eメールで… mail@sougi-soudan.com
挨拶が心配なのですが・・・
質問
お葬式のときの挨拶が思い浮かびません。うまくできるか心配なのです
が・・・
答え お葬式では、出棺のときと精進落としのときの2回喪主側からの挨拶がありま
す。

精進落としの時はごく短いもので、献杯の音頭と一緒にご親戚のどなたかに
「遺族をよろしく」という程度の挨拶をお願いします。出棺の時には喪主が行います。ごく近い近親者が代理をすることもよくあります。

出棺時の挨拶は、会葬者が故人の顔を見た直後ですから、あまり感傷的になりすぎないよう配慮します。
 
つぎは、挨拶の例としていくつかのハウツー本に載せられているものです。
 
「本日は皆様ご多用中にもかかわらず、故○○○○の葬儀にご会葬くださいまして厚く御礼申し上げます。故○○存命中は皆様より賜りましたご厚誼に深く感謝申し上げますとともに、今後とも私どもへの変わらぬご厚誼をお願い申し上げます。はなはだ簡単ではございますが、ご会葬の御礼といたします。」

簡単すぎるようですが、言うべき内容は盛り込まれています。これに付け加えて、故人の略歴や死亡時のことに付いて差し支えない程度に触れることが出来ればいいはずです。
自分で挨拶を書くのが面倒だと思えば、葬儀屋に相談すれば、文例をたくさん
持っていますから、それをちょっと加工してください。






| TOP |
運営/NPO「家族葬の会」・無料葬儀相談室 Copyright(C)2003 無料葬儀相談室 All Rights Reserved.